写真:FUJIFILMのフィルム・シュミレーションとRicohのイメージコントロール。Rawで撮影した場合のLight roomのプロファイルへ反映されるか?

スナップ写真
GRIII

Rawで撮影した写真データをLight Room CCで現像する。

この時、撮影時のプロファイルはLight roomでの現像時に反映されるのか?

カメラのモデルによって違うようです。

僕がもっているコンデジ、Fuji FilmeのX100VとRicoh GRIIIはどうなのか?確認してみました。

Ricoh GRIIIの場合

Rawで撮影して、light Roomに取り込みました。

上の写真の右上のプロファイルを見ると、Adobeカラーとなっており、撮影時のカメラの設定は引き継がれていないようです。

Fuji FilmのX100Vの場合

撮影時の設定 ASTIAソフトと表示され、撮影時の情報が引き継がれております。

さらに

Light Room での現像時に、他のフィルムシュミレーションへ変更することも可能でした。

まとめると・・

GRIII

GRIIIはRAWで撮影して、Light Roomで現像しようとおもっても、イメージコントロールは反映できません。

Light Roomを使うことが前提であるならば

①JPEGで撮影する

②RAWで撮影して、カメラ内で現像してJPEGで出力

上記二つの選択肢になるとおもいます。

GRIII

X100V

Rawで撮影しても、Light Roomにはフィルムシュミレーションの結果が反映されており、さらに、現像時にフィルムシュミレーションを変えることまでできる。

Light Roomをつかう前提であればRAWだけで撮影してもよい。

と、言うことができると思います。

X100V

「RX100VをRAWで撮影して、Light Roomでフィルムシュミレーションを変更することがあるか?」

と聞かれると、僕の答えは「あんまり無い」です。

フィルムシュミレーションの設定を自分なりに改造した、自分なりのフィルムをつくってそれで撮影するのが、楽しい!

と僕はおもいます。

JPEGのみで撮影する度胸がなければ、RAW+JPEGという逃げ道をもあります。

これは、これで、Light Roomへの読み込み時にRawとJPEG両方が読み込まれてしまうという煩わしさがあります。

なので、結局JPEGで撮影が一番いいのかな?と思っております。

X100V
X100V

昨日は久しぶりにバンコクへ行きました。

美味しいお肉を食べてきました。

ではでは

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました