写真:Zeiss Distagon 1.4/35 ZM

スナップ写真

週末弾丸ダイバーず、って名前のブログなので水中写真中心のブログです。

僕は写真撮影も見るのも好きです。

水中に限ったわけでは無いです。

ダイビングをする前から写真がとても好きでした。

スナップショット、スナップ写真が特に好きです。

そして35ミリの画角が好きなんです。28ミリも50ミリも、40ミリももちろん使います。

でも、35ミリを使うことが、やっぱり多い。

先週、入手したレンズです。

ZeissのDistagon 35ミリ。ZMマウント用です。

レンジファインダー用となりますが、僕はデジタルのM10-RとフィルムのZeiss Ikonの両方で使うことができます。

f1.4です。

ライカのレンズだったら、Summilux 35mm f1.4と絞り値だけみたら、同じ明るさ。

Distagonのお値段はSummiluxの3分の1ぐらいかな?

これはDistagonが安いのではなく、Summiluxが高いのです。日本円で647,000円(価格コム)もします。

Distagonも190,000円。決して安いレンズではありません。

金属の筐体、フォーカスリングのずっしりと重いけど滑らかな動作。

高級感を保ちつつ、かっこよさもあります。

レンズのレヴューができるほど使い込んではいませんが、今日撮影した写真をとりあえず紹介です。

絞りは・・・f11ぐらいだと思います。電子接点がないので、Exif情報に絞りの情報は残りません。

キリッと改造感あります。海の水面のグラデーション感もいい感じです。

不機嫌MAXなユズ!

たまたま、撮った時にこんな表情しただけです。今朝もかわいいユズちゃんです。

絞り開放で撮影したと思います。ピントは瞳からちょっと外れています。

逆光のボケ。ちょびっとゴチャっとしてて、スムーズ!って感じではないですが、これはこれで好きです。

会社の駐車場。絞りはf8。カリッとしています。

絞りは・・・開放付近だとおもいます。

開放付近では、ピントがあったところが、立体的に感じられます。

感想:好き!

これからの常用レンズになっていくと思います。

特にフィルムカメラ。暗いからといって、ISO感度をあげることはできません。

そこにf1.4は撮影できるシーンが広がります。

レンジファインダー用の35ミリのマニュアルフォーカスレンズはこれで3種類になりました。

Leica Summicron 35/f2.0

Nokton 35mm f1.2 Aspherical III

そして今回のZeiss Distagon 35mm f1.2

それぞれ、良い特徴をもったレンズです。

使い込んでいきたいです。

ではでは

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました