タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

僕にとってのホームとも言える、ラヨーンのダイビング関連のお話です。そのほかチャーン島、パタヤ界隈もこちらにまとめております。

タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

サメサン沖。久しぶりに共生ハゼの撮影 <Dive#768 Wong Duang, Samaesan>

先週のダイビングの報告です。またしてもサメサン沖です。ウォンドゥアンと呼ばれているダイブサイトであえた生物達を写真で紹介しています。ハゼはいろいろな種類がいます。サメサン沖では、ガイドさんがハゼを紹介してくれる事は、あまりないのでは? この界隈は講習と周遊ダイビングがメインですので、じっくりと時間をかけて一つのハゼを観察する機会はあまりないとおもいます。綺麗な子も多いです。みてくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

サメサン沖のダイビング:2021年7月最後の日。

7月も最後になりました。相変わらず、サメサン沖で潜ってきました。毎回潜っていますが、レギュラーメンバーが少し変わってきたのがわかります。フウセンミノウミウシとは初対面。人面ウミウシ?と思ってしまうユーモラスな顔でした。みてくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

何回撮っても飽きない。何度も潜るのは楽しい。日曜日のサメサン沖ダイビング

この前の日曜日に、サメサン沖で撮影した小さな生き物たちの写真を紹介しております。見てくれたらとても嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

ハクセンミノウミウシが戻ってきたハーディープ

先週のサメサン沖のダイビングの報告です。土曜日のダイビングであえた生き物たちの写真を載せています。 見てくれたら、うれしいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

日曜日はサメサンで水中マクロ撮影を楽しんでいました!

日曜日の部活動の報告です。 エビにウミウシに珊瑚にお魚。 みんなに感謝です。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

サメサン沖:水中マクロと土曜日の写真いろいろ

土曜日のダイビング。 この日は、タイ語で羊ウミウシと呼ばれているもウミウシと会えました。 サメサン沖のダイビングであえる小さな生き物達を写真で紹介しております。 見てくれたら、嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

サメサン沖の沈没船で、まさかのシムランス!

先週末のサメサン沖のダイビングのご報告です。沈没船ハーディープ、センチャン、ロンナンの3つのダイブサイトであえた生き物を写真で紹介しています。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

2021年7月 サメサン沖のマクロはつづく。久しぶりのホホベニモウミウシ。

またまたまたサメサン沖。いつも温かい南国の海でも、季節の移り変わりがあるようです。あえるウミウシたちにも変化がでてきています。サメサン沖の小さな生き物の世界を写真で紹介しています。見てくれたら嬉しいです週末弾丸ダイビングのご報告です。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

2021年6月:サメサン沖のダイビング。いろんな写真。浮遊物がを目立たなくするにはどうしよう?実験はつゞく

昨日はエビでしたが、今日は他の写真です。サメサンといえば、水中を漂うブツブツな浮遊物。マクロだろうと、容赦無くかぶさってきます。そのブツブツ低減のために、ゆるふあな写真にしてみました。 まだまだ改良の余地がありますが、すこしブツブツが減ったようにおもいます。写真みてくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

2021年6月:えび

サメサン沖のマクロ、ウミウシが有名(?)ですが、エビも楽しいです。特にヒドロ虫を背景にしたり副題につかったり。 今回は先週の土日にあえたエビ達の写真です。見てくれたら嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました