タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

僕にとってのホームとも言える、ラヨーンのダイビング関連のお話です。そのほかチャーン島、パタヤ界隈もこちらにまとめております。

タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

サメサン沖で一番のヒンサンチャラームはいい天気でした。2022年7月24日のダイビング報告。

いつもの週末。いつものサメサンでマクロ撮影を楽しんできました。天候が良かったので、サメサンで一番のポイント、ヒンサンチャラームにいけました。 雨季のシーズンに行けることは稀です。魚群に囲まれながら、マクロ撮影してきました。写真をみてくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

2022年7月23日のサメサン沖のマクロ撮影ダイビング

一昨日のダイビングの報告です。サメサン沖、透明度が悪いのはいつものことです。この日もマクロレンズをつけたカメラで水中の生き物達を撮影しています。 写真をあげているので、みてくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACROで水中撮影:2022年7月17日のサメサン沖のダイビング。

いつもはSony純正の90ミリマクロレンズを使っていますが、今回初めてSIGMAの105ミリマクロレンズを水中デヴューさせました。ARTレンズ、とても綺麗です。その時の写真を載せています。 細かい性能や解像比較ではなく、直観的な感想を書いてみました。読んでくれたらうれしいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

ウミウシにオレンジのハゼ。レギュラーメンバーはいつも素敵。22年7月16日のサメサン沖のダイビング

バンセンの住まいから車で1時間。チョンブリー県のサメサン沖のダイビング。出会えた生き物を写真で紹介しております。 この日はレギュラーメンバーが遊んでくれました。撮影はSONYのα1.フォーカスの性能がすごいし、色も良い感じです。 ブログを読んでくれたら、とてもうれしいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

進水式:Sony α1

Sonyのフラッグシップ・ミラーレスカメラ。 α1の進水式を行ってきました。初めて使った、感想とその日の写真をご報告。 読んでくれたら、嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

2022年6月25・26日のダイビング:バーンサレー沖とパタヤ沖でマクロ撮影。黄色の可愛いカップルと会えました。

バーンサレーでは念願のカップルのミジンベニハゼに会えました!綺麗な写真も撮れたので、みてください。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

マクロ天国のサメサン沖のダイビング。タイで水中撮影するなら、一緒に潜るチームが大事と再認識。

バンコクから日帰りでいける距離にあるサメサン。サメサンは激流や劇濁として有名ですが、小さな生き物をみるなら楽しいところです。沈没船、岩礁エリア、砂地など変化をつけたダイビングができます。 今回もウミウシ、エビを中心にマクロ撮影を楽しんできました。写真を見てくれたらうれしいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

パタヤとサメサンの間、バーンサレー沖のダイビング

かなりマニアックなダイブとなりましたが、パタヤ近郊のバーンサレーから出港してリン島周辺で3本のダイビング。ダイビングの様子を写真で紹介しています。見てくれたら嬉しいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

週末日帰りダイビング:サメサン沖のダイビング

2022年5月29日。タイのサメサン沖でダイビングをしてきました。僕のホームといえる海。ロンナン島もハーディープもウミウシがいっぱいでした。 水中の綺麗でかわいい生物を撮影してきました。 観てくれたらうれしいです。
タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

ホームに戻りました!ひさしぶりのサメサン沖

パタヤ、サメサンは僕の住んでいるチョンブリー県のダイビングスポット。僕のホーム的存在のダイビングスポットです。ウミウシを中心にシャコなど、小さな生き物の写真撮影を楽しんできました。 ダイビングの様子を写真で紹介しております。観てくれたらうれしいです。
タイトルとURLをコピーしました