近場でダイビング。RX100VIIで潜るサメサン!マクロ重視セッティング

タイ東部:ラヨーン、パタヤ、サメサンとチャーン島など

僕の水中での撮影につかうデジカメについて、ちょっと紹介です。

RX100VIIで潜るサメサン(その1)

フルサイズ・ミラーレス

Sony α7RIVとIII。

IIIの方は、水中ではもう長く使っていません。主に、水中以外で使っています。

フルサイズ・ミラーレス機で高画素モデルです。

そして、コンデジ。

Sony RX100VA。

RX100という高級コンデジシリーズの5代目にあたります。

5代目は前期・後期があり、Aがつくのが後期モデル。

1インチセンサーで2000万画素、35m換算で24-70mmのズームレンズを付けているモデルです。

水中で、ワイコン付けて、ワイドにしたり、クローズアップレンズをつけてウミウシ撮影したりできる「守備範囲の広さ」が魅力でした。

そして、フルサイズに比べると、当然、小さくて軽い。

僕にとっては、コンパクト差よりも「守備範囲の広さ」と2000万画素が魅力でした。

出番も多かったのですが、4月に水没・・・・ありがとう!そしてサヨナラ。

今まで地上で使っていた同シリーズの最新モデルの、RX100VIIを潜水艦にしました。

右が水没したRX100の5代目、右が最新となる7代目

5代目と7代目の大きな違いは、ズームのレンジです。

7代目は35mmで24−200と高倍率のズームとなっています。

ズドーンと伸びてくるズーム!

ちなみに、最短の撮影距離は24mmのときでレンズ前から8cm、テレ端の200mmで100cmとなっています。

水中でテレ端の200mmをクローズアップレンズ無しで使うことはないかな?

今回は、このRX100VIIの処女潜航として土日でチョンブリー県のサメサン沖で二日間潜ってきました。

その時の様子を紹介します。

ダイブサイト:サメサン沖の沈没船ハーディープと近場

ハウジングはNauticamのハウジングをつかっています。

コンデジですが、ポートがあります。

まずは、標準でハウジングについているポートにクローズアップレンズを2種類つけてみました。

照明はRgblueのType3です。

標準のポートですと、ズームが24-200とフルレンジで使うことが可能です。

クローズアップレンズを使うときは、60mmから80mm以上ぐらいでないと、ケラれが発生します。レンズによってケラる焦点距離は違います。

クローズアップレンズを外せば、ワイド端で24mmからのズームが普通に使えます。

上の写真はNauticamのクローズアップレンズSMC-1をつけています。

しかし、この日の被写体はサイズが1cmぐらいあり、このレンズでは大きすぎる獲物でした。

なので、INONのレンズをつけて撮影しております。

まずは、クローズアップレンズを付けない状態、カメラ本体のズームレンズで撮影。

安定の緑色・・・
いつもここにいる、タイマイくん

Hypselodoris confetti ヒュプセロドーリス・コンフェッティ

上の写真はズームして56ミリぐらいの焦点距離です。ウミウシの全長は3センチぐらい。

クローズアップレンズ(INON UCL-90)を付けて撮影したのがこちら。

本体レンズに戻ります。

コンパクトで軽い+ズームできる!

水面でこんな写真を撮る時も楽です

クローズアップレンズ、この日はINONのUCL-90をつけています。

数字はズームした距離です。

フィディアナ・ミリタリス(Phidiana millitaris) 89mm

体長は1cm。

クラカトアウミウシ( Hypselodoris krakatoa) 75mm

これは1cmぐらい。

コモンウミウシ(Goniobranchus aureopurpureus) 89mm

オレンジ・リーフゴビー 75mm

久しぶり!

この日はライトで撮影です。灯りが嫌いな子を撮るのは難しかったです。

同じ子です。

ズームを156mmまで伸ばして撮影。

イボ・・・78mm

エグジット!

感想


RX100の5代目に比べると、水中でもフォーカスの性能が上がったことがわかります。

クローズアップレンズですが、SMC-1は被写体を選びますね。

この日は主にINONのUCL-90をつけていましたが、こちらは80−110ミリの間であれば、使いやすかったです。

クローズアップレンズは全部で5本もっているので、もっと試してみる必要があります。

ボディ本体のズームレンズ24ミリは水中ではそれほど広い画角ではないです。

しかし、ダイバーさんぐらいの大きさの被写体は、全然いけます。

またワイド端でレンズ前5センチまで寄れるレンズは便利です。

ちょっとした1センチぐらいの被写体でしたら、近寄って周りの風景いれた写真を撮れます。

次回はワイコンについて報告します。

ではでは!

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

コメント

  1. 水没ってAMAZONのケースのコメントでちょくちょく見かけますが、
    あるんですね。これからRX100で水中撮影を始めようかと思って検索でたどり着きました。

タイトルとURLをコピーしました